中学入試と歴史の覚え方

中学入試で社会が必要な場合は、歴史を学習することは必須となります。歴史を学習するにあたって、ひとつの方法ですが、ノートを作成するという方法が挙げられます。学習したことを各時代ごとに整理していくということになります。例えば、歴史の学習では、年代、人物、できごと、それぞれの時代の流れというものが大切ですが、年代の覚え方のひとつの方法として、ゴロ合わせで重要事項と関連付けて覚えていくという方法があります。ゴロ合わせには多くの参考書やテープなどがありますので、自分に合った覚えやすいものを学習するのが良いでしょう。次に、歴史上の人物やできごとを覚える際は、正確な漢字が書けるようになることが大切です。声に出して書き、ノートに整理し、また整理ノートのほかにも自分の暗記ノートを作り、重要事項や人物などを書いたものがあれば努力の成果や達成度を確認することができます。その場合は、赤ペンで重要事項を大きく書いていくという方法も記憶に残りやすく、おすすめです。また、歴史図説などを参照しながら年代や重要人物、建物、史料(資料)などを確認し、年表を作っていくのも効果のある方法です。特に文化史の学習はどのような建物であるか、という問題が出題されることが多く、名称の漢字練習も含めて、建物の写真を目で追いながらの図説での学習は非常に大切で効果的です。また、中学入試では、模擬試験を受けることも大切で、自分が学習した範囲(時代)は確実に得点できることが大切です。