中学入試とノイローゼになる原因とは

子どもにとって人生最初の大きな試練とも言える中学入試。そのプレッシャーに耐えきれずノイローゼになってしまったりすることも珍しくありません。
ノイローゼになってしまう子どもは、どちらかというと真面目な子が多いものです。模試の結果が良くなかったり、努力しても成績が伸び悩んだりすることで自分を必要以上に責めてしまい、不安感から次の機会にも実力が発揮できないといった悪循環に陥り、最終的にノイローゼ状態になってしまうのです。こうした事態になる前に、保護者は普段からプラス思考の声掛けをするように心がけましょう。たとえ模試の結果が良くなくても間違った問題を責めるよりも、できた問題を褒めましょう。そして折に触れて「大丈夫」「心配ないよ」と明るく励ましてあげてください。
ただし、最近では中学入試からノイローゼ状態になるのは、子どもよりもむしろ大人、それも母親の方が多いと言われています。思うような結果が出なかったり、それなのに子どもがなかなかやる気を見せなかったりすることで必要以上にイライラしてしまいがちです。その上、中学入試を控えた子どもは年代的に反抗期に差し掛かっていますので、親に対してつっかかってくることも。こうしたことの積み重ねから、母親がノイローゼになってしまうのです。
しかし、中学入試をするのはあくまでも自分ではなく子どもであることを忘れてはいけません。子どもと言えども所詮は自分とは違う人間、100%自分の思う通りにはならないのが当たり前だということを常に念頭に置いていれば、必要以上にイライラすることは減るでしょう。子どもも必死に頑張っているのです。親もゆったりとした気持ちで見守りましょう。