中学入試とピアノ

子供が中学入試を控え、塾を検討し始めた辺りから、習い事を続けさせるか止めさせるかを悩む親は多いです。特にピアノは自宅で一生懸命にレッスンして行かなければ、先生から効率の良い指導が受けられません。そのため真面目に何年間も練習していますから、止めることに抵抗を示す子供が圧倒的です。親は趣味のピアノのために受験を失敗して欲しくないとの思いもあり、親子で意見が合わないことも見受けられます。子供がレッスンを中止する最大の理由が受験です。子供が納得しての結論であれば問題はないのですが、中学入試でもピアノを止めずに合格している子供が多いのも、事実であることを知っておくのも大切です。
小学校の高学年になるまでピアノレッスンを集中して継続してきた子供は、これまでよりレッスン時間が短くなったとしても、レベルの維持は可能であることから、自宅では勉強の合間に気分転換を兼ねてレッスンをしたり、受験の間だけは先生の前でもレベル維持のためのレッスンに切り替えるなど工夫を凝らしています。先生も生徒の立場を良く理解してくれ、新しい曲を弾かせることより、練習曲で指や腕の筋力が衰えないようにしてくれたり、レッスンを再開した時にすんなり曲が弾けるようにレッスン内容を変更してくれています。中高一貫校に合格した子供がレッスンを再開し、その後は音楽大学に合格したというケースもあります。子供の可能性は一つではありませんし、人間の教養は学力だけでもありませんので、少しずつでもピアノを続けて音楽を生涯の趣味にするのも、人生により深みが出てくるのではないでしょうか。